SCORE CARDBACK NUMBER

ビアッジのWSB参戦が、頂点レースの概念を変える。 M・ビアッジ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2007/03/22 00:00

ビアッジのWSB参戦が、頂点レースの概念を変える。 M・ビアッジ<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 WGPのトップライダーでありながら昨年シートを失ったM・ビアッジが、1年のブランクを経て、スーパーバイク世界選手権(WSB)で現役復帰を果たした。

 250ccクラスで4度のタイトルを獲得。最高峰モトGPでは、王者V・ロッシのライバルとして常に注目を集めて来たビアッジ。過去、これほどのビッグネームが、モトGPから格下のカテゴリーと見られるWSBにスイッチした例はなく、その言動は大きな話題になった。

 WSBは1000cc以下の市販車で争われる。元GPライダーとこれからGPを目指す若い選手が中心で、マシンの性能差が少ないため常に接戦となっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[永遠の革命者たち]宣戦。

Sports Graphic Number 674

[永遠の革命者たち]
宣戦。

 

MotoGPの前後の記事

ページトップ