SCORE CARDBACK NUMBER

青山周平が迎える、
わずか2年目の正念場。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2007/01/25 00:00

青山周平が迎える、わずか2年目の正念場。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 WGP250ccクラスで総合8位になり「2006ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を獲得した青山周平が、'07年、「ホンダ・レーシング・スカラシップ」卒業のシーズンを迎える。昨年は初めてのサーキットに苦戦したが、予選ではフロントローを3回獲得。ルーキーとは思えない速さで注目された。

 その好走の背景には、子供のころから一緒に切磋琢磨してきた兄・青山博一、そして、良きライバルであり仲間でもある高橋裕紀の存在があった。GPではライバルにライン取りを教えるような親切な選手はおらず、ルーキーは厳しい戦いを強いられる。日本人同士であってもそれは変わらないのが通例だが、ともにスカラシップ生で気心知れたふたりの先輩の存在は、周平にとって大きなアドバンテージだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[RUGBY FOOTBALL CLIMAX]ラグビー 猛き光芒。
青山周平

MotoGPの前後の記事

ページトップ