SCORE CARDBACK NUMBER

オフェンス型チームが
夏の甲子園を席巻する。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/08/24 06:00

オフェンス型チームが夏の甲子園を席巻する。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 野球はプロでも高校野球でも投手力がモノをいう世界だと思われがちだ。たとえば今年の春に行なわれたセンバツ大会の決勝は、左右の超高校級投手、菊池雄星(花巻東)と今村猛(清峰)の投げ合いになり、今村の好投によって新進の清峰が春、夏通じて初の全国制覇を長崎にもたらした。

 だが、夏の甲子園では様子が異なる。ディフェンス型より、強力打線を前面に押し出したオフェンス型のチームが覇権を握ることがままあるのだ。

 たとえば'04年夏の決勝戦は13対10で駒大苫小牧が済美を破り、'08年の決勝戦は大阪桐蔭が常葉菊川を17対0と大差で退けている。斎藤佑樹(早稲田実→早大)と田中将大(駒大苫小牧→楽天)による凄絶な投げ合いも過去にはあるが('06年)、夏は打線も含めた総合力がモノをいうことが多い。だから、投手力に絶対的な自信を持ったチームが最後まで勝ち抜けないことが珍しくない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['09-'10 欧州サッカー開幕特集]欧州最強の経営戦略。

関連記事

斎藤佑樹
菊池雄星
今村猛
田中将大
明豊高校
駒大苫小牧高校
花巻東高校
智弁和歌山高校
清峰高校

高校野球の前後の記事

ページトップ