SCORE CARDBACK NUMBER

EURO2004、名勝負の背後に監督の采配アリ。 

text by

杉山茂樹

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2004/07/29 00:00

EURO2004、名勝負の背後に監督の采配アリ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 バリバリの気鋭ではない、お役ご免寸前の長老が携わる名誉職。戦術も所詮はクラブからの借り物。そこに新たな発見は少ない。最近、総じて下落の一途を辿っていた代表監督のステイタスは、しかし、ユーロ2004で見直された気がする。

 ポルトガル対イングランド戦。スコラーリ監督が振るった采配は、まさにクラブ的だった。4―2―3―1でスタートした布陣は、1回目のメンバー交替で4―1―4―1に変化し、2回目では4―1―3―2へ、3回目では2―3―3―2へと、それぞれ目まぐるしく変化した。2回目では、フィーゴもバッサリ替えた。選手を駒と割り切り、豊富なアイディアをピッチに刻々と反映させ、チームを覚醒させようとする采配には、鬼気迫る凄みを感じた。名勝負の陰にスコラーリあり。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview1サッカー五輪代表 終わらない夏。

海外サッカーの前後の記事

ページトップ