SCORE CARDBACK NUMBER

優勝候補のキングスが失った貴重な潤滑油。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2004/12/16 00:00

 サクラメント・キングスの優勝へのドアはまだ開いているのだろうか。

 この数年、優勝候補にあげられながら何度もロサンゼルス・レイカーズにファイナルへの道を阻まれていたキングスにとって、仇敵レイカーズのチーム再編は願ってもないニュースのはずだった。何よりも、シャキール・オニールがマイアミ・ヒートにトレードになったことは大歓迎のニュースだった。

 しかし、オニールのトレードはキングスにも思わぬ余波をもたらした。オニールが抜けたあとのセンター陣を補強するため、レイカーズはキングスの先発センターでFAだったブラデ・ディバッツに契約をオファーしたのだった。36歳のディバッツのキングスでの役割は年々小さくなっており、ディバッツは迷うことなく古巣でもあるレイカーズと契約した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ