SCORE CARDBACK NUMBER

期待の新人に課された、“待つ”という仕事。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/10/18 00:00

 ドラフト1位指名、期待の新人グレッグ・オーデン(ポートランド・トレイルブレイザーズ)に、開幕前から大きな試練が与えられた。プロ最初のシーズンとなるはずだった今季、彼に課された仕事は“待つ”こと。19歳と若いオーデンにとって、どんな活躍を要求されるよりも難しいことかもしれない。

 9月半ば、右膝関節の軟骨に損傷があることが判明したオーデンは、急きょ、マイクロフラクチャー法と呼ばれる手術(血や骨髄を出して擬似軟骨を作り出すために骨に細かな穴をあける手術)を受けた。完治するのに半年から1年かかると言われる手術だが、他の選手の例を見ると最高のコンディションを取り戻すには1年以上の年月がかかっており、とにかく根気が必要な治療だ。早く復帰しようとして失敗した例も多く、実際に手術を受けたことがある選手たちは一様に「早く復帰しすぎないように」とのアドバイスを口にする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 522文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07秋・G1シリーズ開幕]日本競馬の逆襲。

バスケットボールの前後の記事

ページトップ