SCORE CARDBACK NUMBER

迷走する盟主、新日本の奮起に期待。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2009/01/16 00:00

 '08年のマット界を如実に物語るのが12月17日、都内のホテルで行なわれたプロレス大賞授賞式の風景だった。部外者の石井慧が新人賞受賞の澤田敦士(小川道場)の祝福に駆けつけ、最優秀選手賞の武藤敬司(全日本)と一緒にラブポーズを決めたのだ。

 振り返れば'08年は全日本の活躍が目立ち、後半に至っては北京五輪柔道金メダリストの石井慧のプロ格闘技転向の話題に振り回された年だったが、表彰式の壇上に新日本の選手の姿がないのだ。35回を数えるプロレス大賞の歴史の中で新日本の選手が殊勲、敢闘、技能の3賞からも漏れたのは'05年以来2度目のことだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全保存版】清原和博

Sports Graphic Number 720

【完全保存版】
清原和博

 

関連記事

アントニオ猪木
後藤洋央紀
真壁刀義
菅林直樹
棚橋弘至
矢野通
澤田敦士
武藤敬司
中邑真輔
石井慧
全日本プロレス
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ