プレミアリーグの時間BACK NUMBER

ベンゲルを巡って観客が乱闘……。
外資の買収でアーセナルが激変か? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/04/28 10:30

ベンゲルを巡って観客が乱闘……。外資の買収でアーセナルが激変か?<Number Web> photograph by AFLO

2010-2011シーズン終了までで、アーセナルの監督を15年間務めることになるアーセン・ベンゲル。来季以降、新しい外国人オーナーはクラブ史上最も長く指揮を取っている名将をどのように処遇するのだろうか

資金不足が解消されればベンゲルの意識も変わる?

 これまで、即戦力の購入に消極的だったベンゲルの言動には、育成重視という正論の裏に、予算不足という切実な事情も見え隠れしていた。

 しかし、クロンケが正式な“パトロン”として資金を注入する立場になれば、ベンゲルは移籍市場で意固地にならずにすむ。マンチェスター・シティのように大物を買い漁るまでの財力はないが、優勝を争う下地があるアーセナルにはその必要もない。ただ、内部にはいない、強豪を優勝に導いた経験の持ち主を加える微調整で良いのだ。実力者1、2名の獲得が、ベンゲルの育成ポリシーに反するというわけでもないだろう。

 チームが最後の脱皮を図るために必要とされる、勝利への意識に変化をもたらすために、ベンゲル自身も補強の意識を改めるきっかけとなるのであれば、一見残念なアーセナルの「外資系化」も悪い話ではない。

関連記事

BACK 1 2 3
アーセン・ベンゲル
セスク・ファブレガス
アーセナル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ