SCORE CARDBACK NUMBER

チェンバレン先発転向。帝国崩壊の予兆か? 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/06/26 00:00

チェンバレン先発転向。帝国崩壊の予兆か?<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 勝率5割を挟んで行ったり、来たり。序盤2カ月のヤンキースの戦いぶりは、同じように故障者を出しながらも勝利を重ねる宿敵レッドソックスとは対照的に、ストレスのたまるものだった。

 そのテコ入れとしてヤンキースが決断したのは、セットアップマンとして完璧に近い仕事をしていたジャバ・チェンバレンの先発転向である。リードしている試合で8回をチェンバレン、9回をマリアノ・リベラで締めるのが、今年のヤンキースにおける唯一の勝利の方程式。

 それを敢えて崩し、シーズン中に異例の転向をさせることにしたのは、先発入りを計算していた2人の若手投手が故障してしまった事情もあるが、何よりも経営者サイドの意向が強く働いた結果だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。
ジョバ・チェンバレン
スタインブレナー
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ