SCORE CARDBACK NUMBER

赤ヘルの核弾頭、尾形が燃やす親友への対抗心。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2005/04/28 00:00

赤ヘルの核弾頭、尾形が燃やす親友への対抗心。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 開幕3連勝で、巨人の出鼻を挫いた広島。勝負を決めたのは、それぞれ緒方孝市、野村謙二郎、新井貴浩の一撃だった。しかし、巨人投手陣のリズムを狂わせたのは、3試合全てに初回先頭打者として出塁した尾形佳紀の存在だったと、巨人の阿波野秀幸投手コーチは言う。「初登板の時って、早くアウトひとつ取って、ホッと落ち着きたい。それが塁に出てチョロチョロされると……」

 切り込み隊長の役割を十分果した尾形。1番打者の座は、沖縄、日南のキャンプを通じ、赤ヘル伝統の猛練習によって、勝ち取ったものだ。「広島の伝統では、高橋慶彦(現ロッテ巡回コーチ)以来、汗と泥にまみれて頑張った者だけが出られる」と内田順三打撃コーチは、キャンプからの尾形の頑張りを認めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]1980-2005 日本野球の25人 ベストゲームを語る。
尾形佳紀
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ