SCORE CARDBACK NUMBER

ユタを強くした、ウィリアムスの秘密。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/01/11 00:00

 NBA中がアレン・アイバーソンのトレードの噂と憶測の嵐に飲み込まれてしまったかのようなこの頃、嵐とは無縁の世界でひっそりと勝ち続けているチームがある。ユタ・ジャズだ。12月14日現在17勝5敗は、競争が激しいウェスタンカンファレンスでも首位の成績。昨シーズンの成績が5割、あと一歩でプレーオフを逃したチームとしては予想以上の快進撃である。

 好調ジャズを導くのがポイントガード、デロン・ウィリアムス。プロ2年目ながら、落ち着いたボールさばきにはベテランの風格すら漂っている。

 ジャズのポイントガードといえば、2003年に引退するまで19年もの間ジャズを率いた、名ポイントガードのジョン・ストックトンとの比較は避けられない。ウィリアムスもジャズに入ってまず最初に、ヘッドコーチのジェリー・スローンから、「この街の人たちがジョン・ストックトンを忘れることはないだろう。君はジョン・ストックトンになろうとするのではなく、君自身であればいい」とのアドバイスを受けたという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 453文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。

関連記事

バスケットボールの前後の記事

ページトップ