SCORE CARDBACK NUMBER

捕手・阿部慎之助に見る
リードとバッティング。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2004/05/06 00:00

捕手・阿部慎之助に見るリードとバッティング。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 捕手はよいリードができるかどうかで、バッティングの調子も左右されるといわれる。打たれた投手のことを考えていては、自分のバッティングどころではないというわけだ。しかし、巨人の阿部慎之助とダイエーの城島健司は例外だろう。この2人、バッティングの冴えが、投手への強気のリードとなって現れる。阿部の6試合連続本塁打も、その思い切りのよさが出た結果といえる。

 中大時代からバッティングセンスを高く評価されていた阿部だが、インサイドワークについては疑問視されていた。シドニー五輪で捕手として起用されることが少なかったのもこのためだ。野手に転向させたらという声もあったが、本人は納得せず、捕手で獲ってくれる巨人に入団した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阿部慎之助
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ