SCORE CARDBACK NUMBER

中日の進撃を支える
谷繁元信、ベテランの味。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2009/08/27 06:00

中日の進撃を支える谷繁元信、ベテランの味。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

7月15日の阪神戦で、捕手として歴代1位の野村克也に次ぐ通算2328試合出場を達成

「名捕手の存在が10年間、チームを安泰にする」とは球界の格言だが、好調・中日を支えているのは、間違いなく谷繁元信の存在と言っていい。

 今季、中日は川上憲伸、ウッズという投打の主軸を放出し、チームの若返りを図ったが、格言を知ってか知らずか、プロ生活21年目を迎えたこのベテラン捕手だけは、決して手放すことはなかった。2年前、中日を53年ぶりの日本一に導いた立役者の重要性を、落合監督は重々認識していたのである。

 事実、4月7日のヤクルト戦で故障し、約1カ月に渡り戦線離脱を余儀なくされている間、期待されていた若手捕手もその穴を埋めることはできず、中日は5位に低迷。しかし4月30日に復帰を果たすとチームの成績も徐々に上向き、球宴前の8連勝で、ついに首位・巨人に1.5ゲーム差まで詰め寄ったのである。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

谷繁元信
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ