SCORE CARDBACK NUMBER

華麗なるダンサー、オニールの底力。 シャキール・オニール 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/04/19 00:00

 全米で話題のテレビ番組、『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』(各界の有名人が社交ダンスに挑戦するリアリティショー)に、殿堂入りした元NBA選手、クライド・ドレクスラーが出演して注目を集めている。

 長身バスケットボール選手のダンスなぞ想像できないかもしれないが、NBAの試合をよく見ると、選手たちはステップを踏んだり回転したり、2m前後の長身とは思えないほどリズム感にあふれた動きをしていて、見ようによっては試合自体が踊りのようでもある。

 マイアミ・ヒートのベテラン・センター、シャキール・オニールは214cm、147kgの巨体の持ち主だが、実はブレイクダンスが大の得意。2月のオールスター公開練習中にも東軍のチームメイトたちにダンス競争を挑み、レブロン・ジェイムスやドワイト・ハワードを相手に踊り、喝采を浴びていた。何でも、子供の頃からいつもブレイクダンスをしていたのだという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 496文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

Sports Graphic Number 676

メジャーを生きる。 SET IT OUT!

 

バスケットボールの前後の記事

ページトップ