SCORE CARDBACK NUMBER

モウリーニョに見る「理論派」監督の宿命。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

photograph byMichi Ishijima

posted2004/10/07 00:00

モウリーニョに見る「理論派」監督の宿命。<Number Web> photograph by Michi Ishijima

 プレミアシップ・チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督への風当たりが強くなっている。第6節終了時で4勝2分けの2位と結果は上々だが、試合内容がイングランドのファンにとっては堅実すぎてつまらないというのだ。

 モウリーニョは選手としてはまったくの無名。体育教師からボビー・ロブソンの通訳を経てアシスタントコーチとなり、指導者としての階段を駆け上がってきた。トップ選手としての経験がないモウリーニョにとって、プロ集団をまとめるには高度な戦術理論が必要だ。「違う国、違う文化、違うメンタリティーを持つ選手たちをまとめるには、ビッグ・タクティカル・カルチャーが必要」と自ら発言しているように、緻密な戦術理論がコレクティブなチームづくりの柱になっている。そして、その戦術論の核となるのが守備だ。11人全員が高い守備意識を維持することが、モウリーニョ理論の基本である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 544文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2004 Japan GP Preview Formula1

Sports Graphic Number 612

2004 Japan GP Preview Formula1

 

ジョゼ・モウリーニョ
チェルシー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ