SCORE CARDBACK NUMBER

突然の横浜移籍、寺原隼人は甦るか。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/01/11 00:00

 「うちが優勝できるかどうか、鍵を握るのはあいつじゃないのかな」

 今シーズンの途中、ソフトバンクの杉本正投手コーチがそう言って指を差したのが、寺原隼人だった。

 '02年、日南学園高からドラフト1位でホークスに入団。この2年間、一軍での勝利をあげられなかったが、今季は光明が見えた。プロ入り初完封勝利をあげ、西武とのプレーオフでは先発を任されて、第2ステージ進出にも貢献した。

 横浜・多村仁とのトレードが決まったのは、大物の片鱗を見せた矢先だった。相手は3割、40ホーマーを放ったこともあるWBC代表だ。間尺に合わないトレードとも言われたが、プロ5年で16勝しかあげていないのだから仕方がない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 618文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[総力特集 2006年の真実]甦る死闘。
寺原隼人
多村仁志
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ