SCORE CARDBACK NUMBER

物量作戦で反撃開始。ホンダの王座奪還なるか。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2008/06/26 00:00

物量作戦で反撃開始。ホンダの王座奪還なるか。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 モトGPクラスはここまで7戦を終え、3年ぶりのタイトル奪還を目指すV・ロッシと、初タイトル獲得に燃えるD・ペドロサの2人が、頭ひとつ抜け出した状態にある。シーズン中盤戦の山場、イタリアGPとカタルニアGPの2連戦では1勝1敗。それぞれの地元で勝利を手に入れた格好だ。

 今年は開幕戦からヤマハ勢の好調さが際立っている。ロッシは3勝を含んで6回表彰台に立ち、ヤマハ全体としては4勝のべ11回の表彰台を獲得した。対してホンダは、ペドロサの2勝を含む6回の表彰台のみ。昨年のチャンピオン、ドゥカティは、C・ストーナーの1勝を含む4回の表彰台だけ。ヤマハの仕上がりの良さが、数字に如実に表れている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。
ダニ・ペドロサ
ホンダ
ヤマハ

MotoGPの前後の記事

ページトップ