SCORE CARDBACK NUMBER

モトGPへの飛躍を誓う、
高橋裕紀の今季に注目。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2008/05/29 00:00

モトGPへの飛躍を誓う、高橋裕紀の今季に注目。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 一昨年の最終戦バレンシアGPで右足大腿骨を骨折。昨年は開幕戦から復帰したが、思うように動かない右足の影響で厳しいシーズンを過ごした。

 「これまでこんなに大きな怪我をしたことがなかった」という初めての試練。

 WGP250ccクラスを戦う高橋裕紀が、今年、飛躍のシーズンを迎えようとしている。

 第2戦スペインGPで3位になり、第4戦中国GPでは最終ラップにエンジントラブルが発生するまで単独3位を走った。足首からつま先にかけての感覚はいまだに鈍い状態だが、それでもコンスタントに結果を残し始めている。

 '09年で2ストロークエンジンの生産を終了するというホンダの決定により、高橋が駆るRS250RWは去年と同じ型のままだ。日進月歩のこの世界で、進化を止めたマシンで戦うのは厳しく、アプリリア、KTMを相手に、高橋は孤軍奮闘を強いられている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高橋裕紀
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ