SCORE CARDBACK NUMBER

「日本オリジナル」を、代表監督に求めるな。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2008/04/17 00:00

「日本オリジナル」を、代表監督に求めるな。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 各国のサッカースタイルについて、面白い意見を聞く機会があった。オランダのフィテッセでU―12の監督、U―17のコーチを務める林雅人という方がいる。オランダ協会の講習で戦術を叩き込まれた指導者界の海外組だ。

 「各国のリーグには、それぞれのスタイルが存在する」ということを、林さんは講習で学んだという。

 たとえばイタリア。

 DFがゴール前を固め、ボールを奪ったらパッサータイプのMFにボールを渡し、そこから一気に前線に正確なパス。最後はカウンターに長けたFWがゴールを決める、というものだ。

 これを実現するためには条件がある。DFラインが低いので、ひとつのミスが即失点につながる。1対1に強いパーフェクトなDFが必要だ。中盤にピルロのようなパス供給者、前線にカウンターで独走するトニのようなFWも必須。ACミランもインテルも、細かい差こそあれ、このスタイルは共通しており、それがイタリア代表の形になっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 459文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ