SCORE CARDBACK NUMBER

空前のスピードで、
武豊が史上最多勝達成。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2007/08/23 00:00

 7月21日の小倉競馬最終レース。武豊騎手(38歳、栗東・フリー)が騎乗したヒシワンスモアが1着となり、同騎手のJRAでの2944勝目となった。これは岡部幸雄元騎手が56歳で引退するまで、37年10カ月という長い年月をかけて積み上げた2943勝を抜いて、単独トップに立つメモリアルウィン。現役時代の岡部騎手が全身から漂わせていた絶大な存在感を知っているオールドファンなら、僅か20年4カ月でその歴史を陵駕してしまった事実に、今更ながらの驚きを禁じ得なかったはずだ。

 「プロの騎手としてのスタート台に立ったとき、岡部さんは間違いなく雲の上にいた人でした」と振り返る武豊騎手自身もその一人だったようで、「ここまで来たらいつかは達成できる記録なので焦りはありませんでしたが、そんな凄い人の記録を抜くという事実に、とてつもない重みを感じていました」と、その瞬間の心情を素直に語っている。

 今年、まだ一度もリーディングに立てていない武豊騎手には、様々な理由づけで「不調説」が囁かれていた。いわく、腰痛であったり、悩み事があるのではないかとしたり、あるいはエージェントの力関係を材料にあげる声もあった。しかし、勝ち星では確かに例年の200勝ペースには及ばないものの、中身の濃さでは劣らない。JRAで重賞9勝、海外で重賞1勝、さらに地方でも5つの重賞を勝って(8月5日終了時点)、少なくとも賞金王の座は譲らない構えだ。最終的に、リーディングの行く末も収まるべきところに収まるのではないか、と見る向きは筆者も含めて少なくない。

 メジャーリーグのイチロー選手が、最多勝達成を祝福するコメントを寄せ、その中で、武豊騎手の精神面の強さを「ボクが持っていない素晴らしいもの」と称えていたのが、武豊騎手の胸に格別に響いたという。同じ時代に出現した天才は、これからも刺激し合いながら互いを高めていくのだろう。

 今後は文字通り、前人未踏の道を歩む。「ここまで来たら、誰にも破られないところまで行きたい」と、その覚悟はすでに固まっている。そして、「岡部さんの年齢まで乗りたい」が実現したとき、孤高の数字はどこまで伸びているのか。楽しみに見守りたい。

関連コラム

武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ