SCORE CARDBACK NUMBER

アドマイヤムーンの40億移籍への期待。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoshihiro Fujioka

posted2007/08/09 00:00

アドマイヤムーンの40億移籍への期待。<Number Web> photograph by Yoshihiro Fujioka

 現役最強馬の呼び声も高いアドマイヤムーン(栗東・松田博資厩舎、牡4歳)に、巨額のトレードの申込みが来ている。邦貨40億円を用意して意気込んでいるのは、アラブ首長国連邦ドバイのシェイク・モハメド殿下が率いる「ゴドルフィン」なのだという。

 豊富なオイルマネーをバックに競馬先進国の各地に拠点を置き、金に糸目をつけずに馬産を行っているゴドルフィンだが、近年は各国の活躍馬を買い付ける形も進めている。今年も、ケンタッキーダービーを勝ったストリートセンス(米国・牡3歳)と、英国ダービーの覇者オーソライズド(英国・牡3歳)をそれぞれ60億円と36億円(いずれも推定)をはたいて、すでに手中に収めている。とは言え、この2頭は現役引退後の種牡馬としての権利取得。アドマイヤムーンに対してのそれは現役馬としての価値も含めて「是が非でも譲ってくれ」という申し出なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 544文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

競馬の前後のコラム

ページトップ