SCORE CARDBACK NUMBER

新カテゴリー“モト2”の
存在意義と可能性。
~ワンメークエンジンでコスト削減~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2010/02/02 06:00

新カテゴリー“モト2”の存在意義と可能性。~ワンメークエンジンでコスト削減~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

昨年11月のテストで順調な開発を示したモリワキMD600。パドックでの注目度は満点

 WGP250ccクラスに代わる新カテゴリーとして、今年から「モト2」がスタートする。エンジンをホンダの4ストローク600cc、タイヤをダンロップのワンメークとし、車体はレギュレーションの範囲内で自由に造ることができる。タイヤワンメークはすでにモトGPで実施されているが、エンジンもとなると、グランプリの歴史でも初の試みとなる。

 グランプリが始まった1949年から'60年代までは、4ストロークエンジンが全盛だった。だが'70年代以降は、軽量コンパクトでハイパフォーマンス、低コストなどの理由で、2ストロークが4ストロークを凌駕した。その一方、市販車においては、厳しい排気ガス規制に対応すべく、2ストロークの車両が激減。その影響はレース界にも波及し、トップカテゴリーの500ccクラスが4ストローク化され、'02年にはモトGPクラスが誕生することになった。エンジン性能の差が出にくい4ストローク化によりレースの面白みが薄れることも危惧されたが、日本メーカーに加えドゥカティ、アプリリアも参入してモトGPは活況を呈した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

MotoGPの前後のコラム

ページトップ