SCORE CARDBACK NUMBER

今季、真価が問われる
上村愛子のメンタル。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2008/12/18 00:00

今季、真価が問われる上村愛子のメンタル。<Number Web> photograph by Shino Seki

 冬が到来し、海外へ出発するウインタースポーツの選手が目立つ。11月末には、モーグルの上村愛子が最終合宿のためにフィンランドへ向かった。上村にとって今季は重要なシーズンとなる。

 昨シーズン、上村は自身初のワールドカップ総合チャンピオンに輝いた。日本のスキー競技では、荻原健司らに続く史上6人目の快挙だった。しかも、最初の優勝となった2月の猪苗代大会から最終戦まで5連勝。強さは際立っていた。

 好成績の要因には、ターン技術の進歩があげられるが、トリノ五輪後に日本代表チーフコーチに就任したヤンネ・ラハテラ(フィンランド)の存在が大きかった。ラハテラは長野五輪で銀、ソルトレイクシティで金メダルを獲得した実績はむろんのこと、滑りの技術は世界一と誰もが認めるスターだ。世界最先端の技術を教わった効果は絶大だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

攻撃進化論。ATTACKING EUROPE

Sports Graphic Number 718

攻撃進化論。
ATTACKING EUROPE

 

関連記事

ジェニファー・ハイル
ヤンネ・ラハテラ
荻原健司
上村愛子
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ