NumberEYESBACK NUMBER

バンクーバーで輝く
進化した上村愛子。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2009/03/26 21:30

バンクーバーで輝く進化した上村愛子。<Number Web> photograph by Shino Seki

 ゴールするやいなや、確信したように笑顔で両手を掲げた。ひとときの静寂。電光掲示板に得点が表示されると、「やったー!」と叫んだ。3月7日、猪苗代で行なわれたフリースタイル選手権モーグルで、上村愛子は自身、そして日本選手としても初めての頂点に立った。この結果を受けて、バンクーバー五輪代表にも内定した。

 圧倒的な強さだった。象徴は予選の滑りである。

「コースの状態が本当に厳しくて、(滑る前は)どうなるんだろうと思いました」

 もともと難コースと言われる猪苗代だが、試合前に急に冷えたため雪質が硬くなり、コースの状況はさらに悪化。転倒やコースアウトする選手が続出する中で、上村は果敢に飛ばし、ただ一人30秒を切る28秒88のタイムを記録した。ほとんどの選手が安全に滑ろうとするのに対し、厳しい条件にもかかわらずコブに対して縦に、縦にと攻撃的な滑りで成功したところに、ターン技術の違いが現れていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

上村愛子
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ