SCORE CARDBACK NUMBER

初登板初勝利の山口俊。父から学んだプロ魂。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/07/24 00:00

 「ライオンに追われたウサギが肉離れをしますか? 準備が足りないのです」と言ったのはサッカーのオシム監督だが、最近、野球界にも同じ問題がある。技術はあるものの、プロ入り前にきちんと走り込みをしていないので、怪我で潰れる選手が多い。逆に言えば、きちんと下半身を鍛えてきた新人選手は、それだけで目立つ。

 6月29日、巨人を相手に初登板初勝利をあげた横浜の山口俊は、その一人だ。父親は元前頭四枚目の谷嵐。幼い頃から見よう見まねで四股を踏み、股割りで鍛えてきた。入団早々、下半身の充実ぶりを見た谷川哲也・二軍コーチは、「高卒ルーキーのなかで一番早く上に行くだろう」と予言していた。一軍昇格の決め手となったのは6月15日のインボイス戦だ。7回を1安打で抑える好投に、相手の渡辺久信監督から「松坂(大輔)並みに足腰がしっかりしている」と太鼓判を押された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final

関連記事

山口俊
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ