SCORE CARDBACK NUMBER

落合監督直伝、岩瀬仁紀の投球術。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2005/08/18 00:00

落合監督直伝、岩瀬仁紀の投球術。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 左の抑えとして中日の好調を支える岩瀬仁紀。彼の素晴らしさの一つは、300試合以上登板した抑え投手の中で、唯一、1点台の防御率を誇っていることである。この数字は、あの江夏豊、高津臣吾、佐々木主浩でも及ばない。

 愛知大、NTT東海と進んだ岩瀬が中日に入団したのは、当時の星野仙一監督(現阪神SD)の「地元の逸材を見逃すなんて許さん」という一言がきっかけだった。地元愛知県出身のイチロー(マリナーズ)が、オリックスで大スターへと成長したのを見て、よほど我慢ならなかったのだろう。星野の意を受けて、スカウトだった近藤真市(現投手コーチ)が「4回までならいい球を投げる投手がいます」と、名前を挙げたのが岩瀬だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[伝説を継ぐものたち]猛虎の塊。

Sports Graphic Number 634

[伝説を継ぐものたち]
猛虎の塊。

 

関連記事

岩瀬仁紀
落合博満
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ