SCORE CARDBACK NUMBER

佐々木主浩の引退に感じたやるせなさ。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2005/09/01 00:00

 野球選手の引退の仕方は三つあると思う。余力を残しながら、惜しまれつつ辞めていくというのが一つ。王貞治、長嶋茂雄がそうだった。二つ目は、現在の立場と将来の生活設計を考えて、今辞めたほうが得と決断する場合。江川卓などがこれにあたる。そしていらないと言われるまでユニフォームにしがみつくのが三つ目。野村克也がそうだった。

 横浜・佐々木主浩は、一体どれに当てはまるのだろう。8月9日に仙台で行われた巨人戦を最後に、佐々木は引退した。舞台は佐々木の故郷、相手は良きライバルだった清原和博。フォークでの空振り三振で終えた引退登板は、本来、もっと感動していいはずだった。しかし、何か白けたものを感じたのは何故だろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[詳報!W杯最終予選1位通過]日本代表 誇りを胸に。

プロ野球の前後の記事

ページトップ