SCORE CARDBACK NUMBER

ポルトガルの地で見た
フッキのプレーに思うこと。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2009/10/12 08:00

ポルトガルの地で見たフッキのプレーに思うこと。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

9月12日のレイショエス戦でのフッキ。ポルトはこの試合に4対1で快勝、現在3位をキープ

 水曜日のガーナ戦を最後に、日本代表のオランダ遠征取材を終えると、週末はポルトへ足を運んだ。昨年3月のJ1開幕戦以来となる、フッキのプレーを生で見るためである。

「日本では2部リーグでプレーしていたようだが、ここではもうスターだよ」

 スタジアムの記者席でそう教えてくれたのは、地元スポーツ紙「オ・ジョーゴ」の記者、ペドロ・コスタ氏である。

 日本にいたときは自分勝手なプレーばかりで、チームメイトが大変だったんだけど……。私がそう言うと、「それはここでも同じだ」と、彼は苦笑いした。

 しかし、この日の試合を見る限り、フッキにJリーグのときのような身勝手さはなかった。特に、ペナルティエリア内のシュートチャンスでのこと。すでに自らPKで1点を取っていたとはいえ、中央で待つファルカンへパスし、ゴールをプレゼントしていたのには驚いた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

フッキ
FCポルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ