SCORE CARDBACK NUMBER

23年の現役生活を支える
木田優夫のポリシーとは。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2009/03/12 00:00

23年の現役生活を支える木田優夫のポリシーとは。<Number Web> photograph by Koji Asakura

 日大明誠高からドラフト1位で巨人に入団してから、今年で23年目。最近、流行の「アラフォー」と呼ばれる選手のひとりに、ヤクルトの木田優夫がいる。巨人を皮切りに日米6球団に在籍し、通算66勝を挙げた右腕である。

 長年、現役を続けられた理由は「目立たず、騒がず、そこそこの結果を」ということをモットーにしていたからだ、と言っていた。エースになると毎年結果を求められるし、高年俸になれば真っ先に自由契約の対象に選ばれる。「活躍もせず大きな失敗もない風よけ人生が、長い現役の秘訣」と謙遜するが、40歳を越えた今も、ストレートは衰えを見せていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

木田優夫
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ