SCORE CARDBACK NUMBER

数々の異名に彩られた山内一弘の生涯。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2009/02/26 00:00

 今年から米国ルーキーリーグのコーチに就任する山下大輔(元横浜監督)。山下のために有志が集まって「アメリカに送る会」を開いた時、参加していた中西太(元西鉄・阪神監督)がこんなことを言っていた。「ワシもよう喋るが、ワシよりも喋りだしたら止まらんのが山さんだ(山内一弘=元ロッテ・中日監督)。最近、顔を見んが元気にしているんか」と随分気にしていたことを、訃報に接してふと思い出した。

 その山内が肝不全で亡くなったのは、キャンプ開始直後の2月2日のことだった。現役時代、'65年にプロ野球史上初の300本塁打を記録。'67年には川上哲治(元巨人)に次ぐ史上2人目の2000本安打を達成。毎日(現ロッテ)・阪神・広島で活躍し「シュート打ちの名人」、あるいは3度のオールスターMVPを獲得した「初代お祭り男」等の異名をとった大打者であった。特に内角球に対してヒジを折りたたんで振り出す独特の打法は、神様・仏様・稲尾様と呼ばれた稲尾和久をして「職人」と言わしめたほどだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 502文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[チャンピオンズリーグ特集]攻撃者の美学。

プロ野球の前後の記事

ページトップ