野球善哉BACK NUMBER

“公立校の星”加古川北が大躍進!
「勇気」を旗印にセンバツ準々決勝へ。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/03/30 12:45

“公立校の星”加古川北が大躍進!「勇気」を旗印にセンバツ準々決勝へ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

理想の投手像を尋ねられると「究極の打撃投手です」と語る加古川北のエース井上真伊人。100キロ台のスローカーブやカットボール、内角へ鋭くきまる直球などを武器とする。普段からブルペン調整をせずに、打撃投手として練習し、類まれな投球術を身に付けた

“普通の公立高校”加古川北が躍進した理由とは?

 加古川北は普通の公立校。

 中学の有望選手を勧誘することもできなければ、グラウンドは他クラブと共用で恵まれているとはいえない。しかし……だからといって、殻に閉じこもっていても打開策はいつまでたっても見えてこない。彼らの勇気ある走塁からは、そんな野球環境をめぐるマイナス要素を打破しようとする、強い気概を感じるのだ。

 日頃の練習を見れば、そのチームの戦術的なプライオリティーも見えてくるものなのだが、加古川北はいつも走塁練習から始めている。

 そんな日頃の積み重ねが、今大会の躍進につながっているというのはいうまでもない。

 福村監督は言う。

「'03年に就任してきてから、走塁に関しては特に意識して取り組んできました。今年のチームに限らず、毎年積み重ねてきた成果だと思います。選手たちがやれることを精一杯、やってくれた」

加古川北の「勇気」は、優勝候補・日大三に通用するか?

 初戦の金沢・釜田、波佐見の松田ら大会屈指の好投手を破ってのベスト8進出。

 普通の公立校である加古川北の健闘は、まだまだ終わりそうにない。準々決勝の相手は今大会の優勝候補の筆頭格・日大三である。

 福村監督は意気込みを語る。

「今大会は震災のある中で試合をさせていただけるだけ、非常にうれしく思っています。そのなかで、勝ち負けだけではなく、自分たちの力が全国の舞台でどこまで通用するか、今までやってきたことをできればなと思います」

 加古川北のテーマは「勇気」。

 勇気を持って挑戦し続ければ、どんな困難にも打ち克てる。彼らの戦う姿勢は、そのまま我々の人生にも当てはまるのではないか。

 加古川北の「勇気」は、優勝候補をどこまで苦しめるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
加古川北高校

高校野球の前後の記事

ページトップ