SCORE CARDBACK NUMBER

天皇賞前哨戦で武豊が見せた意地。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byShuhei Okada

posted2005/10/27 00:00

天皇賞前哨戦で武豊が見せた意地。<Number Web> photograph by Shuhei Okada

 「ゼンノロブロイ、天皇賞は横山典弘」という報道を、武豊騎手はフランス滞在中に知らされたという。インターナショナルSでロブロイに騎乗してからまだ1週間が経ったかどうかという生々しい時間帯。「結果は2着だったけど、いい競馬だった。でも、ジョッキーは勝たなければ評価されないのかと、改めてそう思いましたね」と、そのときの気持ちを静かに振り返った。

 藤澤和雄調教師の心境も想像できる。天皇賞まで乗ってもらったとしてもJCでディープインパクトとぶつかれば、そこで天秤にかけられる。こちらを選んでくれればいいが、向こうに乗ると言われたときの悔しさを考えれば、こちらから先に動いたほうがいい。天皇賞は横山に乗せて、JC、有馬はケント・デザーモ。早々と発表してしまったのは、そういう意味合いが含まれていたように思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ