SCORE CARDBACK NUMBER

ディープインパクト有馬記念参戦の理由。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byShigeyuki Nakao

posted2005/11/24 00:00

ディープインパクト有馬記念参戦の理由。<Number Web> photograph by Shigeyuki Nakao

 シンボリルドルフ以来、史上2頭目という大快挙。無敗での3冠を達成したディープインパクトの次走が、有馬記念(12月25日、中山、芝2500m、GI)に正式決定した。これは翌日の一般紙にも報道されたほどで、競馬マスコミの枠を超えた注目を集めているのがわかる。

 「たとえば運動に出る時間がいつもより5分でも遅れたら、なにかあったんじゃないかって、記者の人たちが集まってくるでしょう。下手な仕事をしたら、次の日の新聞に載っちゃうわけで、毎日が身の引き締まる思いです」と、担当の市川厩務員。ガラス細工にもたとえられるサラブレッドを、ここまで無事に持ってきただけでも素晴らしいことだが、この先は神経をさらにすり減らす仕事になるというのも目に見えている。武豊騎手が言った、「いまのディープがここにいるのは、池江泰郎先生とそのスタッフの、高い技術と熱い情熱の賜物です」という言葉が、現場にいると実感として伝わってくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

折れない魂。Never Ending Story

Sports Graphic Number 641

折れない魂。
Never Ending Story

 

ディープインパクト

競馬の前後の記事

ページトップ