SCORE CARDBACK NUMBER

鈴鹿が“一時引退”表明。20回目に切望すること。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2006/10/12 00:00

鈴鹿が“一時引退”表明。20回目に切望すること。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 ここではっきり言っておくと、2人の関係は今、とても冷え切っている。F・アロンソは、M・シューマッハーにだけは若輩者としてずっとリスペクトの心を持ち、どんな接戦後であっても自分の方から祝福する態度を示してきた。

 そんな彼が次第に敵意をむき出しにするようになった。だがそれは、シューマッハーにコース上で何かされたからではない。自分と自分のチームに対し、どう考えても不条理としか思えない判定(ペナルティ)が下り、相手側に有利となるように動いていると感じ始めたからだ。第12戦ドイツGPからの4戦でアロンソとルノーにペナルティがなかったのは、第14戦トルコGP1戦だけである。これはかなり異常なことだ。現場で取材をしていても、彼らが“有罪処分”を受け続けるほど非スポーツ的行為を重ねたとは思えない。追う側より、むしろチャンピオンシップをリードする側こそレギュレーション遵守の姿勢を強めるものであるから。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 506文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版】F1鈴鹿。

Sports Graphic Number 663

【永久保存版】
F1鈴鹿。

 

ミハエル・シューマッハー
フェルナンド・アロンソ

F1の前後の記事

ページトップ