SCORE CARDBACK NUMBER

「マドリーは政府お抱えだ」
波紋を呼んだ観光政策。
~バルセロニスタが憤る理由~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/04/03 08:00

「マドリーは政府お抱えだ」 波紋を呼んだ観光政策。~バルセロニスタが憤る理由~<Number Web> photograph by AFLO

ペレス会長はサウジアラビアでのスクール開設を発表するなど、様々な収益確保策を実行

 レアル・マドリーとバルサのライバル関係がピッチ内にとどまらないのは有名な話だが、先日バルセロナで大きく取りあげられたニュースもそんな両都市の関係を表していた。

 波紋を呼んだのは、マドリーがスペイン産業観光商務省と締結した観光提携だ。この契約により、マドリーは2013年まで政府当局の公式チームとして、“Visit Spain, Visit Madrid”というフレーズを掲げ、マドリッド市とスペインの観光促進に協力することになった。

 フロレンティーノ・ペレス会長や選手が集った締結式で、産業観光商務省のミゲル・セバスティアン氏は「レアル・マドリーは我が国の観光における公式なアイコンとなる」と語っている。すでにサンティアゴ・ベルナベウには広告が掲げられ、クラブは世界に向けマドリッド観光をアピールし始めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 546文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新・黄金世代の挑戦。

Sports Graphic Number 775

新・黄金世代の挑戦。

 

関連記事

レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ