NumberEYESBACK NUMBER

星野JAPANで真のドリームチームを! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2007/02/22 00:00

 いよいよ北京五輪に向け野球の日本代表チームが動き出した。

 1月25日に星野仙一阪神シニアディレクターの監督就任が発表され、直後に同監督の盟友ともいえる田淵幸一氏のヘッド兼打撃コーチ、山本浩二氏の守備走塁コーチ、アテネ五輪でも投手陣のまとめ役を務めた大野豊氏の投手コーチ就任が決まった。

 この星野JAPANの最初の大きな仕事が、11月26日から台湾で行われるアジア予選と本大会に向けた日本代表メンバーの選抜となる。

 2004年のアテネ五輪では初めてプロ野球から全選手を選抜するドリームチーム「長嶋JAPAN」が結成された。'03年オフの11月に行われたアジア予選では、翌年にメジャー移籍した松井稼頭央(現コロラド・ロッキーズ)らを含め、国内の強力メンバーでチームを編成できた。しかし、ペナントレース中となった本番では各チームの思惑から、1チーム2名の選出枠が決められた。そのため長嶋監督(当時)が、思い通りのチーム編成ができなかったという苦い経験がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 935文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]欧州に名を刻め。
星野仙一
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ