SCORE CARDBACK NUMBER

横浜飛躍のカギは、工藤を「利用」すること。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/02/08 00:00

 「なんでみんな聞きに来ないのかなあ。知っていることは全部教えてあげるのに」

 かつて工藤公康は、こう漏らしたことがある。確かに若い選手が40歳の大投手に気軽に質問できるものではないだろう。それにしても巨人には、工藤に何かを教えてもらおうという選手は少なかった。生え抜きではない工藤に対して、プライドが邪魔をしていたのかもしれない。

 今季、自身4球団目となる横浜に移籍することになった。門倉健がFAで巨人入りしたことによる人的補償である。大矢明彦・横浜新監督は、早実の先輩であるソフトバンクの王貞治監督にこう言われた。「移籍1年目の工藤はやるぞ。十分に若手の手本になる」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー 2007年の設計図。Tha Beginning of New Era

関連記事

工藤公康
横浜ベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ