NumberEYESBACK NUMBER

ママでも金、負けても金?主観重視の代表選考。  

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2008/05/01 00:00

ママでも金、負けても金?主観重視の代表選考。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 北京五輪最終選考会だった全日本選抜柔道体重別選手権。最終日の4月6日夜、特設された記者発表の雛壇に代表選手が並んでも、会場には本番へ向けての高揚感らしきものが漂うことはなかった。「やっぱり」とでも言いたいような雰囲気。

 選手たちにも、代表に選ばれたという喜びはあまり見えない。

 予想していたとはいえ女子7階級中、この大会の優勝者は52kg級の中村美里だけという状態は寂しかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中村美里
谷亮子
谷本歩実
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ