SCORE CARDBACK NUMBER

ブラジルの怪物来襲!極真空手テイシェイラ。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2008/04/17 00:00

 かつて極真空手といえば、「一撃必殺」をキーワードに数々の最強伝説を残した格闘技だった。素手で牛や熊を倒す力強さにロマンを感じた人は数知れない。だが、'90年代に入ってからK―1が台頭。さらにPRIDEを始めとする総合格闘技が普及し始めると、極真の最強幻想は薄らいでいく。

 外国人選手として初めて極真の世界王者になったフランシスコ・フィリォはK―1デビュー戦で前年のK―1ワールドGP王者だったアンディ・フグを右フック一発で撃破。極真復活の狼煙をあげたが、K―1において確固たる地位を築くまでにはいたらなかった。年に一度のK―1ワールドGPで優勝することができなかったからだ。フィリォの後釜と期待されたグラウベ・フェイトーザもあと一歩というところでブレイクできずにいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エヴェルトン・テイシェイラ

格闘技の前後のコラム

ページトップ