NumberEYESBACK NUMBER

サプライズ選出で見えたフランス代表の覚悟。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

posted2006/06/08 00:00

 イングランドでは、まだ1試合もプレミアリーグの経験がない17歳のテオ・ウォルコットが大抜擢されたかと思いきや、フランスはチャンピオンズリーグで大活躍のリュドビク・ジュリを外す。5月15日に締め切られたワールドカップ本大会登録23人のリストは、それぞれの国の事情が反映され、その中には多くの驚きの選択が含まれていた。

 イングランドの場合は、マイケル・オーウェン、ウェイン・ルーニーという2枚看板の相次ぐ負傷で、スベン・ゴラン・エリクソン監督が、アーセン・ベンゲルの強力な推薦を受けて、未知の可能性に賭ける気になったのだろう。エリクソンはウォルコットの他にも、19歳のアーロン・レノンと21歳のスチュワート・ダウニングのふたりの新人も招集した。本当に適切な選択かどうかはともかく、イングランドという国が若い世代の台頭により、上り坂にあることを示す選手選考である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 983文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 魂をドイツへ。Soul Survivors of Spirit

Sports Graphic Number 654・655・656

日本代表 魂をドイツへ。
Soul Survivors of Spirit

 

海外サッカーの前後の記事

ページトップ