SCORE CARDBACK NUMBER

体操世界選手権、女子10代トリオが挑む。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2007/09/06 00:00

 体操の世界選手権が9月1日から9日までドイツのシュツットガルトで行われる。団体総合は来年の北京五輪予選を兼ねており、上位12チームに北京への切符が与えられる。ライバルの中国と世界一の座を争っている日本の男子は問題ないが、女子は微妙だ。昨年の世界選手権(デンマーク・オーフス)では予選12位で上位8チームによる決勝進出を逃した。昨年と同じ成績なら'96年アトランタ以来3大会ぶりの五輪出場が決まるが、この一年で他国も力をつけており、日本にも更なるレベルアップが求められる。そんな日本女子の切り札として期待されているのが、14歳の中学3年生、鶴見虹子(朝日生命ク)だ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

小沢茂々子
山岸舞
鶴見虹子
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ