NumberEYESBACK NUMBER

「セ」もプレーオフ導入へ。改革は成功するのか。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2006/09/14 00:00

 二転、三転の末、ようやく来季の交流戦を含めた公式戦の試合数とポストシーズンの実施概要が決まった。

 もともとは消化試合の解消とシーズンの活性化を狙って'04年にパ・リーグがプレーオフ制度を導入。この成功を見てセ・リーグも'07年からポストシーズン・ゲーム(PSG)の導入を決めたものだった。しかし、その後は優勝チームの決定方法、交流戦の試合数について、36試合から18試合への削減を求めるセ・リーグと30試合を主張するパ・リーグの間で意見の食い違いがあり、両リーグの足並みがなかなか揃わなかった。

 今回決定された内容は、両リーグともに来季公式戦を144試合(交流戦は24試合)とし、その結果でリーグ優勝を決定する。その上で上位3チームによるPSGを実施するというものだ。PSGの実施内容は今後論議されるが、本稿執筆時点では2位チームと3位チームによる第1ステージが3試合、第1ステージの勝者と1位チームによる第2ステージが5試合の予定だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 980文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州サッカー開幕]悪童列伝。

Sports Graphic Number 661

[欧州サッカー開幕]
悪童列伝。

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ