NumberEYESBACK NUMBER

鹿島V3を呼び込んだ
オリヴェイラの人間力。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2009/12/29 06:00

鹿島V3を呼び込んだオリヴェイラの人間力。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

鹿島の選手たちは口々に指揮官の手腕を称賛する

 史上初のJリーグ3連覇を達成した鹿島アントラーズ監督のオズワルド・オリヴェイラは1950年リオデジャネイロの貧しい家庭に生まれた。プロ選手のキャリアはない。アルバイトで生計を立てながら、大学を卒業しフィジカルコーチとなった。

 '80年カタールの代表スタッフとなり、'81年ワールドユース選手権(現U-20W杯)で準優勝。その後カタールやUAEのクラブで約15年間を過ごした。この経験が、オリヴェイラ独自の人間観を生んだ。

「まったくの異文化の中で仕事をし、他者を尊重する父の教えの重要性を再認識した」と振り返る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1123文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯 対戦国研究。日本の論点2010
オズワルド・オリヴェイラ
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ