NumberEYESBACK NUMBER

左腕トリオを育てた尾花コーチの深慮遠謀。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/05/17 00:00

 巨人の投手陣が好調を維持している。

 開幕前は、エースの上原浩治が太もも痛、パウエルが右ひざ半月板の損傷と、計算の立つ投手2人の離脱で不安をささやかれていた。しかし、ペナントが始まってみると、4月30日時点で2・87とセ・リーグ一の防御率を誇り、チームも首位を走っている。その原動力となっているのが、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人の左腕トリオだ。

 プロ野球で選手がチームでの地位やポジションを獲得するには3つのパターンがあるといわれている。

 ひとつは、首脳陣がその選手を将来のチームの柱として、最初からポジションを与えて育てていくケース。巨人の投手陣では、内海がこれにあたる。内海は入団時から、その才能を高く評価されて、先発として起用され、その期待に応えて、昨年12勝し、今季は開幕投手を務めるまでに育った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 965文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[THE EUROPEAN CLIMAX]蹴球戦略論。

Sports Graphic Number 678

[THE EUROPEAN CLIMAX]
蹴球戦略論。

 

尾花高夫
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ