南アフリカW杯 2010 

268件中 121 - 140件を表示
オシムも認めたイングランドとの善戦!内容は「判定勝ちしていたかも」。

日本代表、2010年への旅

オシムも認めたイングランドとの善戦!
内容は「判定勝ちしていたかも」。

自宅のあるグラーツで日本代表の戦いぶりを目に焼き付けたイビチャ・オシムは実に上機嫌だった。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2010/05/31

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載> ついに生まれなかった闘争心。 ~ドイツW杯をデータで徹底分析~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載> ついに生まれなかった闘争心。 ~ドイツW杯をデータで徹底分析~

オシムの代表監督就任に続いて中田英寿の現役引退が発表されたことで、世間の注目はいよいよポストW杯に向いている。しかし、こ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2010/05/28

ついにヨハネスブルグへ潜入。南アW杯のために僕は命をかけてる!?

W杯紀行 思えば南アへ来たもんだ

ついにヨハネスブルグへ潜入。
南アW杯のために僕は命をかけてる!?

「ジョバーグはね、一部だけ、ダウンタウンだけは危険だけれど、ほかは全然、安全なんだから」 続きを読む

竹田聡一郎Soichiro Takeda

2010/05/28

<W杯の正しい見方> フース・ヒディンク 「ガーナとスロベニアに番狂わせの匂いがする」

Sports Graphic Number More

<W杯の正しい見方> フース・ヒディンク 「ガーナとスロベニアに番狂わせの匂いがする」

ビッグトーナメントにおいて、これほど波乱を起こすのを得意とする監督は他にいないだろう。 続きを読む

ジミー・フロントストラJimmy Grondstra

2010/05/28

なぜ日本代表は前を向けないのか?欧州の常識との決定的なズレ。

杉山茂樹のサッカー道場

なぜ日本代表は前を向けないのか?
欧州の常識との決定的なズレ。

壮行試合を行なった後、代表監督がサッカー協会会長に進退伺いを出す国──。岡田ジャパンは、韓国に惨敗後すぐに日本を離れ、欧… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2010/05/27

<俺の話を聞け!> ルーニーは「ジダン」になれるのか。 ~イングランドを牽引する“恐るべき大人”へ~

Sports Graphic Number Special

<俺の話を聞け!> ルーニーは「ジダン」になれるのか。 ~イングランドを牽引する“恐るべき大人”へ~

「優勝を狙える戦力だ」 屈辱のベスト8で終わったドイツ大会から4年。すっかりイングランド代表の顔に成長したウェイン・ルーニ… 続きを読む

鈴木英寿Hidetoshi Suzuki

有料

2010/05/27

日韓戦の敗北にも気持ちはブレない。遠藤保仁はドイツW杯直前を思い出す。

黄金世代、夢の行方

日韓戦の敗北にも気持ちはブレない。
遠藤保仁はドイツW杯直前を思い出す。

5月24日、親善試合の韓国戦、日本は0-2で敗れた。試合後、遠藤保仁は、「悔しいね。なんとか勝っていい形でスイスへの合宿に繋… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2010/05/26

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載> 中村俊輔 「届かなかった思い」 ~日本のサッカーを追求した結論~

Sports Graphic Number Special

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載> 中村俊輔 「届かなかった思い」 ~日本のサッカーを追求した結論~

28度目の誕生日にドイツから帰国した中村は、そのまま1年ぶりの完全なオフに入った。関係者は「まずは、いったん頭を真っ白にし… 続きを読む

藤沼正明Masaaki Fujinuma

有料

2010/05/26

協会や監督頼みのチーム再生は困難。この惨敗を糧に選手自身が革命を!

日本代表、2010年への旅

協会や監督頼みのチーム再生は困難。
この惨敗を糧に選手自身が革命を!

ベストメンバー同士の日韓戦など、そうそうない。ライバルとして歩んできた歴史を踏まえれば、W杯直前に組まれたこのテストマッ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2010/05/25

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'05年1月掲載> アジア杯・ヨルダン戦 「奇跡には理由がある」 ~鬼神・川口のスーパーセーブ~

PK戦での決着。しかも、2本先行されたところからの逆転勝ちという劇的な結末だっただけに、'04年のアジアカップ、日本対ヨルダン… 続きを読む

阿部珠樹Tamaki Abe

2010/05/24

香川真司の敏腕代理人も目を見張る!W杯がJリーグにもたらした熱気。

Jリーグ観察記

香川真司の敏腕代理人も目を見張る!
W杯がJリーグにもたらした熱気。

5月8日の浦和レッズ対横浜F・マリノスの試合後のことだ。ミックスゾーンで選手を待っていると、ドイツ人代理人のトーマス・クロ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2010/05/21

<ナンバーW杯傑作選/'02年8月掲載> 中田英寿が試したかったこと。 ~“不完全燃焼”という言葉の真実~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'02年8月掲載> 中田英寿が試したかったこと。 ~“不完全燃焼”という言葉の真実~

ワールドカップから日本代表が姿を消したわずか2日後に、中田英寿の口から出た言葉。それは日本中の人々が、なんとなく心の片隅… 続きを読む

中西哲生Tetsuo Nakanishi

2010/05/21

南アW杯の現地から緊急レポート!!スタジアムは? チケットは? 危険は?

W杯紀行 思えば南アへ来たもんだ

南アW杯の現地から緊急レポート!!
スタジアムは? チケットは? 危険は?

シンガポールでのトランジットをはさみ、インド洋をぶったぎり、4回だか6回だかの機内食を腹におさめ、合計20時間あまり飛びまく… 続きを読む

竹田聡一郎Soichiro Takeda

2010/05/20

<ナンバーW杯傑作選/'02年6月掲載> 日本は燃え尽きたのか。 ~決勝T・トルコ戦、空虚な敗北~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'02年6月掲載> 日本は燃え尽きたのか。 ~決勝T・トルコ戦、空虚な敗北~

ベルギーと引き分けることができたのは、相手ディフェンダーの信じられないようなミスが、信じられないような時間帯に出たからだ… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

2010/05/19

<ナンバーW杯傑作選/'02年6月掲載> 波瀾のプロローグ。 ~選手発表からW杯開幕まで密着!~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'02年6月掲載> 波瀾のプロローグ。 ~選手発表からW杯開幕まで密着!~

5月17日、午後3時半。本来ならいるべき指揮官不在の中、やや緊張した面持ちで木之本興三強化推進本部副本部長が壇上に上がり、1… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2010/05/18

なぜ加地亮は代表を引退したのか?消えぬ情熱とブラジルW杯への夢。

黄金世代、夢の行方

なぜ加地亮は代表を引退したのか?
消えぬ情熱とブラジルW杯への夢。

5月10日、南アフリカ・ワールドカップメンバー23名が発表された。そのリストの中に、今季好調を維持していた小野伸二、昨年のJリ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2010/05/17

思い出したいドイツW杯直前の記憶。本番までに日本代表にできることは?

日本代表、2010年への旅

思い出したいドイツW杯直前の記憶。
本番までに日本代表にできることは?

南アフリカW杯に臨む日本代表メンバーの23人が発表され、その2日後には残り7人を含めた全30人の予備登録メンバーが発表された。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2010/05/15

<ナンバーW杯傑作選/'98年7月掲載> ベンゲル、日本の戦いを振り返る。 ~フランスW杯の日本代表戦を分析~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'98年7月掲載> ベンゲル、日本の戦いを振り返る。 ~フランスW杯の日本代表戦を分析~

アーセン・ベンゲル――。日本にいた時は、試合中の選手を「怒らせると怖いから走るんだ」と奮い立たせるだけの威厳があった名将… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2010/05/14

サイド対策が無かった代表選手発表。“専守防衛”の日本に勝ち目はない!!

杉山茂樹のサッカー道場

サイド対策が無かった代表選手発表。
“専守防衛”の日本に勝ち目はない!!

歓声が沸いたのは、第3GK川口能活の名前が読み上げられたときぐらい。南アW杯に臨む日本代表は、概ね予想通りのメンバーに落ち着… 続きを読む

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

2010/05/13

<ナンバーW杯傑作選/'97年12月掲載> 「We did it! 伝説が作られた夜」 ~金子達仁が見たジョホールバル~

Sports Graphic Number More

<ナンバーW杯傑作選/'97年12月掲載> 「We did it! 伝説が作られた夜」 ~金子達仁が見たジョホールバル~

伝説の夜だった。テレビの画面を通じて声援を送った人の、そしてはるばるジョホールバルまで足を運んだすべての人の、脳裏に焼き… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

2010/05/13

ページトップ