ブラジルW杯通信 

ドイツ対フランスは「蛇とマングース」?個性が逆転した“天敵”同士の激突。

ブラジルW杯通信

ドイツ対フランスは「蛇とマングース」?
個性が逆転した“天敵”同士の激突。

ベスト8へ通じるドアを押し開いたのは、やはり海千山千の強国だった。8試合中、実に5試合が延長にもつれ込む激戦の連続だったが… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

2014/07/04

初めての世界大会を味わった124分。大迫勇也、「負けず嫌い」の逆襲。

ブラジルW杯通信

初めての世界大会を味わった124分。
大迫勇也、「負けず嫌い」の逆襲。

コロンビアに1-4で敗れた瞬間、大迫勇也はベンチからピッチをまっすぐに見ていた。1分け2敗、グループリーグ最下位の勝ち点1。… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2014/07/04

開催国ブラジルの“異常な精神状態”。ベスト8のトラウマと陽気な難敵。

ブラジルW杯通信

開催国ブラジルの“異常な精神状態”。
ベスト8のトラウマと陽気な難敵。

コロンビア旋風は、王国をも飲み込むか。4日から始まる準々決勝で、コロンビアとブラジルが激突する。代表史上初のベスト8進出で… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2014/07/03

W杯最大の衝撃、ハメス・ロドリゲス。ネイマールとの「22歳の10番」対決へ。

ブラジルW杯通信

W杯最大の衝撃、ハメス・ロドリゲス。
ネイマールとの「22歳の10番」対決へ。

ブラジルW杯のベスト8が出そろった。決勝トーナメント1回戦ではグループリーグ1位通過の国(ブラジル、コロンビア、オランダ、コ… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

海外サッカー

2014/07/02

63%の支配率と、五分五分の決定機。8強のドイツが晒した「大きな課題」。

ブラジルW杯通信

63%の支配率と、五分五分の決定機。
8強のドイツが晒した「大きな課題」。

120分の死闘を終え、スタジアムを包んだのはアルジェリアコールだった。最終的には2-1で決着がついたものの、90分間は0-0だっ… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

海外サッカー

2014/07/01

勝ち抜くことで、急激に成長するW杯。コスタリカの変貌に思う、日本との差。

ブラジルW杯通信

勝ち抜くことで、急激に成長するW杯。
コスタリカの変貌に思う、日本との差。

決勝トーナメントに入ると、グループステージとは違う驚きが待っている。スペインを完膚なきまでに粉砕したオランダの高速カウン… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

海外サッカー

2014/07/01

「少ない運動量」と「瞬間的な煌き」。走らないメッシを支えるチームの献身。

ブラジルW杯通信

「少ない運動量」と「瞬間的な煌き」。
走らないメッシを支えるチームの献身。

得点王争いの本命が期待通り、いやそれ以上のプレーを見せている今回のようなW杯は、そうそうお目にかかれないのではないだろう… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

海外サッカー

2014/06/30

ブラジル、PK戦でチリを下し8強へ!「対極」の戦術が生んだ極上の死闘。

ブラジルW杯通信

ブラジル、PK戦でチリを下し8強へ!
「対極」の戦術が生んだ極上の死闘。

サッカーの「クオリティー」なら、おそらく時代の最先端にして今大会最高。しかしそのチリをほんの僅かな差で上回ったのは、戦術… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

海外サッカー

2014/06/29

3バック+マンマーク+ハイプレス。躍進する伏兵の「ポゼッション殺し」。

ブラジルW杯通信

3バック+マンマーク+ハイプレス。
躍進する伏兵の「ポゼッション殺し」。

栄枯盛衰は世の習いである。前回王者のスペインが真っ先にブラジル大会から姿を消した。いかにスペインに追いつき、どうやって打… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

2014/06/28

「俺らのパスサッカーに迫力があれば」遠藤保仁が認める“力不足”と悔しさ。

ブラジルW杯通信

「俺らのパスサッカーに迫力があれば」
遠藤保仁が認める“力不足”と悔しさ。

ブラジルW杯、3試合で1分け2敗、勝ち点1。日本はグループリーグC組最下位でW杯を終えた。遠藤保仁は、攻守の軸として期待されな… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2014/06/28

レーブ&クリンスマンの「師弟対決」。ドイツ、アメリカが揃ってG組突破。

ブラジルW杯通信

レーブ&クリンスマンの「師弟対決」。
ドイツ、アメリカが揃ってG組突破。

大会前の予想では、グループGを独走するのはドイツで、次いで2位の座をアメリカかポルトガルが争うであろうということになってい… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

海外サッカー

2014/06/27

露にした感情、勝負観、代表引退。内田篤人が見せたもの、語ったこと。

ブラジルW杯通信

露にした感情、勝負観、代表引退。
内田篤人が見せたもの、語ったこと。

試合終了の笛がスタジアムに響くと、ソックスをおろし、靴ひもを外した。ピッチ中央に集まるチームメイトとは違う方向へと、内田… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

サッカー日本代表

2014/06/26

イングランド2連敗で早々に敗退もホジソン続投で見える

ブラジルW杯通信

イングランド2連敗で早々に敗退も
ホジソン続投で見える"明るい未来"。

イングランドにとっての2014年W杯は、開幕から10日足らずで閉幕を迎えた。「外国人監督なら解雇されている」とは、スベン・ゴラ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2014/06/26

イタリア、ウルグアイにやぶれGL敗退。真っ向勝負を壊したレッドと“凶行”。

ブラジルW杯通信

イタリア、ウルグアイにやぶれGL敗退。
真っ向勝負を壊したレッドと“凶行”。

疑惑のジャッジがあった。目を疑う蛮行があった。イタリアを蹴落とし、“死の組”を抜け出したウルグアイを、果たして「勝者」と… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2014/06/25

これは「方向性なき敗戦」ではない。GL敗退の日本、選手が信じた“道”。

ブラジルW杯通信

これは「方向性なき敗戦」ではない。
GL敗退の日本、選手が信じた“道”。

4万340人を飲み込んだクイアバのパンタナール・アリーナは、9割がコロンビアサポーターという完全アウェイの状態だった。ホーム… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

サッカー日本代表

2014/06/25

32試合で94点、今大会は“面白い”!W杯のトレンドを決めた3つの文脈。

ブラジルW杯通信

32試合で94点、今大会は“面白い”!
W杯のトレンドを決めた3つの文脈。

共に南半球の国、しかも同じ6月でも南アとブラジルはかなり気温が違う。4年前の南アでは、フリースやダウンジャケットが飛ぶよう… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

海外サッカー

2014/06/24

長谷部「ミーティングは必要ない」。“結果論”を受け入れる覚悟と共に。

ブラジルW杯通信

長谷部「ミーティングは必要ない」。
“結果論”を受け入れる覚悟と共に。

急きょオフとなった6月21日、長谷部は一人での時間を過ごしたようだ。「とにかく頭も身体もフレッシュにするために、とにかくリ… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

サッカー日本代表

2014/06/24

ロナウドが試合後に口にした“諦め”。ポルトガル積年の課題は解決されず。

ブラジルW杯通信

ロナウドが試合後に口にした“諦め”。
ポルトガル積年の課題は解決されず。

それは最後のポルトガルの攻撃だった。右サイドのクリスティアーノ・ロナウドにボールが渡ると、彼はファーサイドへクロスを上げ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

海外サッカー

2014/06/24

「自分たち」の前に「自分らしさ」。ザックの指示を超える主体性を。

ブラジルW杯通信

「自分たち」の前に「自分らしさ」。
ザックの指示を超える主体性を。

ブラジル入りしてから、違和感をぬぐえない言葉がある。「自分たちのサッカー」である。コートジボワールに逆転負けを喫したあと… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2014/06/24

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。

ブラジルW杯通信

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!
不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。

「なんか、今ひとつです」山口蛍は、冴えない表情でそう言った。ブラジルW杯、コートジボワール戦、ギリシャ戦を終えて1分1敗。2… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2014/06/23

ページトップ