SCORE CARDBACK NUMBER

王座奪回に燃える、ホンダの“本気”。
~2011モトGP開幕へ~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2011/03/16 06:00

王座奪回に燃える、ホンダの“本気”。~2011モトGP開幕へ~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

左から中本氏、ストーナー、ペドロサ、ドビツィオーゾ。ワークス3台体制は本気の現れ

 ドゥカティからホンダに移籍したC・ストーナーが、合同テストで素晴らしい走りを見せている。2月上旬と下旬にマレーシア・セパンで行なわれた6日間のテストで実に4回のトップタイムを記録。特に下旬のテストでは、3日連続で首位に立った。非公式ながらサーキットレコードタイムを更新し、決勝レースを想定したロングランでもライバルを圧倒。早くも今季のチャンピオン候補の筆頭に挙げられている。

 このストーナーの活躍に刺激されたホンダ勢も大幅にタイムを更新した。ストーナーにエースの座を脅かされてしまったD・ペドロサは、上旬のテストでは2日目にトップタイムをマークし、下旬のテストでもストーナーに肉薄した。ペドロサにとってセパンはこれまで得意とするサーキットではなかったが、連日、自己ベストを更新する気合いの入った走りだった。そして、これまでテストでは常にマイペースだったA・ドビツィオーゾも上位に名前を連ねた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 481文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ケーシー・ストーナー
ダニ・ペドロサ
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ