Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[パフォーマンスを高める奥義]谷川航&翔「自重トレーニングが生んだ究極形」

posted2023/01/14 07:04

 
[パフォーマンスを高める奥義]谷川航&翔「自重トレーニングが生んだ究極形」<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

左から谷川航、谷川翔

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Shunsuke Mizukami

指先、爪先まで精密にコントロールし、力強さとしなやかさを両立させる体操競技。異次元の動きを追求するなかで、己の肉体をどのように作り上げていくのか。谷川兄弟が語った。

 兄の航は2021年の東京五輪男子団体銀メダリストで、'22年の世界選手権男子個人総合で銅メダルを獲得。2学年下の弟・翔は全日本個人総合選手権を'18、'19年に連覇し、'19年はNHK杯との個人総合2冠を達成している。体操ニッポンの団体メンバーとして活躍するのはもちろんのこと、体操選手の誰もが憧れるオールラウンダーとしての勲章を持っているのが、谷川兄弟のすごさだ。

 幼い頃からアクションスクールや水泳教室、体操教室に一緒に通っていた2人は、小学生の途中で体操一本に絞ることを決め、健伸スポーツクラブ、市立船橋高校、順天堂大学、セントラルスポーツと、つねに同じ道を進んできた。当然ながら、子供の頃やジュニア時代にやっていた基本トレーニングはほぼ同じだ。

 ところが体操選手としての特徴はそれぞれ異なっており、ある意味、真逆とも言える。瞬発力があり、跳馬やゆか、つり輪を得意とする「剛の航」と、たぐいまれな柔軟性を生かし、繊細さも必要なあん馬を最も得意とする「柔の翔」。2人はどのような意識で体操選手としての肉体をつくり上げてきたのだろうか。

「ジュニア時代に一番意識していたのは体幹トレーニングです。脚を台に乗せて、下向き、仰向け、左、右と各2分静止状態を保つ。これは毎日必ずやっていました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3875文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

谷川航
谷川翔
パリ五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ