Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[歯がゆい初舞台]鎌田大地「ポーカーフェイスに宿った熱」

posted2022/12/19 07:02

 
[歯がゆい初舞台]鎌田大地「ポーカーフェイスに宿った熱」<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Tsutomu Kishimoto

日本代表の攻撃を司るキーマンは全4試合で先発出場を託された。しかし、チームはベスト8の壁に阻まれ、自身も持てる力を十分に発揮できなかった。仲間たちを助けられなかった。そんな悔しさを噛み締めた初めてのW杯――。日本代表への熱い思いを初めて宿した逸材が、このまま終わるわけはない。

 ポーカーフェイスが崩れることは最後の瞬間までなかった。

 ベスト8以上という目標が夢と散ったクロアチア戦終了後、鎌田大地はミックスゾーンでいつもどおり淡々と振り返った。

 だが、複雑な感情を抱いていることは、そのコメントから窺えた。

「言葉で表すのは難しいですね。すごく悲しいし。どう表現すればいいのか、分からないような感じです」

 開口一番にそう語った鎌田は4試合とも先発出場を果たした自身の評価を求められると、やはり淡々と冷静に、しかしはっきりと自分にダメ出しをした。

「最低限やるべきことはやったと思いますけど、間違いなく点を取ることを期待されていたので、それができなかったのは自分の実力不足だと思います」

 負傷や体調不良を抱えたままカタールに乗り込んだ選手が少なくないなか、鎌田は最高の状態で初めてのW杯を迎えた。

 フランクフルトでは公式戦12ゴール4アシストをマーク。チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出に大きく貢献し、その直後に疲労から発熱したが、「今季は過密日程でずっと試合に出てきたから、ひとつ休めてすっきりした」と前向きだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3128文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鎌田大地
フランクフルト
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ