松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「ノーヒットノーランを目にして」(連載16)

posted2022/12/14 07:00

 
松坂大輔「ノーヒットノーランを目にして」(連載16)<Number Web> photograph by AFLO

鹿実戦の8回、杉内俊哉のカーブをスタンドに放り込む松坂

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

AFLO

最後の夏に調子の上がらないなか、初戦で柳ヶ浦に勝利。次戦は、県大会では川内の木佐貫に投げ勝ち、甲子園でも無安打投球で波に乗る杉内俊哉を擁する鹿実だった。

 1998年、夏の甲子園。春夏連覇を目指す横浜は初戦、柳ヶ浦と対戦した。夏の大会を前にフォームのバランスを崩し、思うようなボールが投げられなかった松坂大輔はいきなりピンチを背負う。ツーアウト満塁から柳ヶ浦の6番、広瀬忠臣が松坂のストレートを右方向へ弾き返した。

◆◆◆

 アウトコースを狙ったストレートが真ん中に入った記憶があります。スピードもあまり出ていませんでした。ライト線を襲った、ライナー性の当たりです。その打球に、ライトを守っていた小池(正晃)が追いついてくれたんです。あのファインプレーには助けられましたね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2794文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
横浜高校
柳ヶ浦高校
小池正晃
鹿児島実業高校
杉内俊哉

高校野球の前後の記事

ページトップ